サイクルショップ

MENU

子どもの保育園からお便りが届きました。先日行われた、子どもたちのお遊戯会の感想について書かれたものです。その中のひとつの意見に「親のマナーの悪さ」という内容がありました。どのような内容で親のマナーが悪いのか、ここに記したいと思います。保育園では一番前のほうにそのクラスの親だけが座れる、優先席というものを作っています。それ以外にも席が当然用意されています。優先席の後ろにはござの席。続いて椅子の席が3列ほど。それから立見席が2列。最後にビデオなどを録画する人用のこれまた踏み台のある立見席となります。早めに自分の好きな所を確保したい場合には、保育園に早く行って並んで待っているというのが約束です。これは運動会でも同じです。ただし運動会は土曜日。お遊戯会は平日なので、見に来る人の数も若干違います。さて、親のマナーの悪さについて書かれた人というのは「自分の席を確保しながらも、優先席で見ている人がいる。後ろで窮屈に見ている人がかわいそうだ」という意見です。読んでいて「そうかな」と思いました。少なくても前のほうとか自分でいい席を確保したいから、ちゃんと早めに並んでいるわけです。それで移動して優先席で見て、終わったら自席に戻るのは普通のことではと。後ろで窮屈に見たくないなら、頑張って早めに保育園で並ぶしかないわけです。みんなそうしているんですから。私も今回は妊婦ということがあり、早めに母そのあと交替で夫に並んでもらいました。